下肢静脈瘤を治したいなら名医を探せ|確実に完治

医師

カテーテルによる閉塞術

カウンセリング

脳動静脈奇形は脳内出血を引き起こす可能性をもつ先天性疾患です。治療には手術によって切除する方法やガンマナイフによる方法などに加えて、カテーテルによる閉塞術があります。この方法では前者の治療法によっておきる神経症状や放射線障害といったリスクを抑えつつ安全に治療することができます。

Read

早期発見が大切

先生

悪性リンパ腫はガンの病気の一種であり、現在ではこの病気になる人が増えているのです。悪性リンパ腫の症状は人によって様々ですが、早めに治療を行うことによって、克服することができます。

Read

脳のがんの基礎知識

看護師

脳にできる腫瘍

がんは年齢や性別を問わずに患う可能性のある病気ですが、特にがんが脳にできる脳腫瘍は注意が必要です。そのため脳腫瘍の注意すべき初期症状を把握しておきましょう。典型的な初期症状としては、慢性的に頭痛が続くことが挙げられます。頭痛が起こることは誰にでもありますが、少し進行した脳腫瘍の患者の半数以上で持続的な頭痛の症状が出ます。他の症状としては頭痛を伴う吐き気が挙げられます。脳腫瘍だけでなく、くも膜下出血などの脳の疾患全般で吐き気や嘔吐が出ます。胃の調子が悪いわけでもないのに吐き気が続く場合、脳の病気に注意しましょう。最後に挙げる症状は身体のしびれ、だるさです。脳腫瘍では身体を動かす脳の部位に影響が出ることが多く、手足のしびれや重い感じが続くことがあります。特にしびれは代表的な症状として注意が必要です。

悪性

脳腫瘍には他のがんと同じように、良性のものと悪性のものがあります。脳以外のがんでは、良性の場合に腫瘍を無理に取り除かないという選択肢もありますが、脳腫瘍ではいずれの場合も切除することが多い点が特徴的です。良性の腫瘍はそれ自体が脳に影響を与えることはありませんが、腫瘍が少しずつ大きくなると頭蓋骨内が圧迫され、様々な症状が出ます。しかし、良性の場合は非常に切除がしやすく、手術で完全に取り除くことができます。悪性腫瘍の場合、腫瘍がまばらにできることもあり、完全に切除することが難しいことが特徴的です。そのため、手術療法の他に放射線や薬物治療を並行させていくことになります。良性・悪性を問わず、脳腫瘍は早期発見が改善のポイントになると言えます。

手術

下肢静脈瘤が発症し重症化してしまったら、名医がいる病院で治療を受けるが賢明といえるでしょう。例えば、高周波治療やレーザー治療などがあります。その中でも特にレーザー治療は的確に下肢静脈瘤を治すことができるだけではなく、入院する必要が無いのです。また、手術時間も20分前後と短時間で終わります。そして、手術が終わると普段と変わらない生活を送ることができるので便利といえるでしょう。そして、なんといっても手術中や術後に痛みが残らないのが嬉しいです。しかし、名医を選ぶことで予期せぬトラブルを未然に回避することが可能ですので、病院探しに注意するといいでしょう。

健康でいるためには

病院

肺がんになるリスクを大幅に下げるためにはまずはタバコを吸わないようにすることが何よりも大切です。ほかにも、食生活を見直して抗酸化物質や大豆イソフラボンを中心とした栄養バランスのいい食事を心がけることも肺がんの予防には大きな効果を発揮します。

Read